第32回鳥人間コンテスト選手権大会

開催日は2008年7月26日(土)・27日(日)。
今回も第30回大会と同様の3部門で熱戦が繰り広げられた。
今年も良い天候に恵まれ、競技は両日とも順調に進行し、滑空機部門では好記録が続出、人力ディスタンス部門でも新記録が生まれた。
2日目の競技は12:30までにすべて終了したが、13時過ぎから天候が急変し(参照:気象庁 彦根地方気象台 2008年7月27日 10分ごとの観測値)、琵琶湖から陸への平均風速10m/sを超える激しい風(彦根では13:19ごろ最大瞬間風速21.4m/sを記録)によりプラットホーム上の木製の床板が飛散し、それに当たった番組関係者3名が怪我を負う事故が発生した。
この事故はNHKの取材ヘリコプターによるプラットホームの空撮映像と合わせて全国ニュースとして放映された。
この結果、13:30から予定されていた表彰式は中止となり、審査員特別賞とサポーター賞については後日公式サイトで発表となった。

番組司会は前回大会まで司会を務めていた今田耕司から東野幸治と藤井隆のコンビへとバトンタッチされた。
これは、大会当日にフジテレビの27時間テレビがあり、その中で今田が司会を務めている爆笑レッドカーペットの生放送があったためと思われる。

なお、鳥人間コンテストでは風を読むことが非常に重要であることから、前回大会に引き続き今大会でも三菱電機の技術協力により、プラットホームから2kmまでの湖上の風向きや風速をリアルタイムで映像表示することが可能な「ドップラーライダシステム」を使用した。
また、ヘリコプターよりも臨場感のある映像を撮影するために、ヤマハ発動機の技術協力により、「産業用無人ヘリコプターRMAX」も使用した撮影も初めて行われた。

関連記事

人力プロペラ機タイムトライアル部門

7月26日(土)8時〜

フライト順チーム名出場回数所在地備考

※後日掲載(とりあえず公式サイト参照

滑空機部門

7月26日(土)人力プロペラ機タイムトライアル部門終了後〜

フライト順チーム名出場回数所在地備考

※後日掲載(とりあえず公式サイト参照

人力プロペラ機ディスタンス部門

7月27日(日)6時〜

フライト順チーム名出場回数所在地備考

※後日掲載(とりあえず公式サイト参照

出演者

司会:東野幸治、藤井隆、加藤夏希
応援団リポート:ブラックマヨネーズ
実況:三浦隆志(よみうりテレビアナウンサー)
スペシャルサポーター:加藤晴彦
ゲスト:片山右京(レーシングドライバー)、AKB48(秋元才加、成田梨紗、小林香菜、戸島花、大堀恵)
解説:野口常夫(航空評論家)、鈴木正人(鳥人間コンテストテクニカルアドバイザー)
人力プロペラ機部門ボートリポート:荻原次晴
滑空機部門ボートリポート:川田裕美(よみうりテレビアナウンサー)
大会アナウンス:脇浜紀子(よみうりテレビアナウンサー)
その他:彦根お城大使

スポンサー

放映日

読売テレビ開局50年企画「鳥人間コンテスト2008」[S][HV][デ][字]

2008年9月15日(月・祝)19:00-20:54
よみうりテレビ日本テレビ系列NNN30局ネット

▽琵琶湖を往復!驚異のフライトに会場騒然
▽結婚をかけた挑戦でまさかの大ハプニング
▽最速タイムレースで石原vs橋下の知事対決
▽あの宮根が仰天飛行

滋賀県彦根市の琵琶湖で開催された『第32回鳥人間コンテスト選手権大会』の模様をお届けする。
今年は「滑空機部門」に、『情報ライブミヤネ屋』のキャスター・宮根誠司が「チームミヤネ屋」を率い、パイロットとして登場。
果敢なフライトを見せて会場を大いに沸かせる。
「人力プロペラ機ディスタンス部門」では、折り返しフライトを成功させて、前人未到の36kmを飛んでプラットホームに帰還するチームが現れるのかが見どころだ。
また「人力プロペラ機タイムトライアル部門」では、1km先のポイントを折り返し、ゴールするまでのタイムを競うエキサイティングな戦いが繰り広げられる。
今年は鳥人間は初となる東野幸治、藤井隆、加藤夏希のフレッシュな3人が司会を務め、湖上の熱い戦いを伝えていく。

滋賀・琵琶湖で開催された「第32回鳥人間コンテスト選手権大会」の模様を伝える。
グライダー型飛行機で風の力だけで滑空する滑空機部門に、テレビ番組「情報ライブミヤネ屋」のキャスター、宮根誠司がパイロットとして登場。
果敢なフライトで会場を沸かせる。
また、機体に付いた自転車をこいでプロペラを回して飛行する人力プロペラ機ディスタンス部門は、折り返し地点からプラットホームに戻るチームが現れるかどうかが見どころ。
ほかに、ポイントを折り返してゴールするまでのタイムを競う人力プロペラ機タイムトライアル部門では、大阪府立大のチームが2連覇を狙う。
司会は東野幸治、藤井隆、加藤夏希。

滑空機は夢の500m越えを目指す。
人力プロペラ機はディスタンス部門では折り返し36km飛行、タイムトライアルは大阪府立大に注目

滑空機部門は夢の500m越えを目指す。
また「情報ライブ・ミヤネ屋」のキャスター宮根誠司がパイロットとして挑戦する。
人力プロペラ機ディスタンス部門では折り返し36km飛行の新記録が出るか注目。
東京工大vs東北大のライバル対決も見もの。
人力プロペラ機タイムトライアルは大阪府立大の2連覇に期待がかかる。

▽滑空機部門で"チームミヤネ屋"が参戦!
▽人力プロペラ機部門
▽ブラックマヨネーズ&荻原次晴がリポート

自作の飛行機で飛距離&時間を競い合う
▽“ミヤネ屋”が参戦宮根誠司が空を飛ぶ
▽鳥人間OBチームが決意のフライト
▽東京VS大阪!両知事を巻き込んだ空の戦い
藤井隆 東野幸治ほか

「今夜放送!鳥人間コンテスト2008 みどころ全て見せますスペシャル」[HV][生]

2008年9月15日(月・祝)16:20-16:53
よみうりテレビ日本テレビ

9月15日よる19時から放送される鳥人間コンテスト2008の見所を普段見ることができない番組の裏側を交えながら紹介する。
特にオンボードカメラの迫力映像は必見!
藤井隆 ブラックマヨネーズ

編集責任者

コメント


鳥人間コンテスト 2007 全機録
鳥人間コンテスト2007全機録

鳥人間コンテスト 30th Anniversary DVD-BOX
鳥人間コンテスト 30th Anniversary DVD-BOX


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-02-22 (火) 13:59:23 (3209d)